Q ENERGY フランス ハイドロボルタイクスを開発

Q ENERGY France とそのパートナーである新興企業 Aquacosy は、フランスのタルヌ・エ・ガロンヌ県モントーバンで、水力発電の最初のプロトタイプを始動させます。
Q ENERGY et Aquacosy dans l'hydrovoltaïque

Q ENERGY France とそのパートナーである新興企業 Aquacosy は、タルヌ・エ・ガロンヌ県のモントーバンで水力発電の最初のプロトタイプを始動させます。 この分野で最先端を目指したいと考えています。

試作1号機

Q ENERGY FranceとAquacosyは、タルヌ・エ・ガロンヌ県モントーバンの町で水力発電のプロトタイプを稼働させました。 フランスでは、設置容量9.3kWの水力発電のプロトタイプで、この分野での最初のプロジェクトが始まっています。 また、プロトタイプは2021年8月にサービスを開始する予定です。

Q ENERGY FranceとAquacosyのプロジェクトは、250m2の面積があります。 プロトタイプは、雨水を集めるための2つの雨どいを備えた油圧式です。 また、ポンプ式のタンクも備えています。

Q ENERGY FranceとAquacosyのプロジェクトは、農業のための革新的なエネルギーツールになることを目的としています。 そのため、霜や熱、風から作物の生育を守ることができる。 最後に、水資源を守ることです。

期待されるプロジェクト

水耕栽培とは、植物を根で育てる、土を使わない密閉型の栽培システムです。 このプロセスは、天然およびバイオベースの栄養分を含んだ水の中で行われます。 また、Q ENERGY FranceとAquacosyのプロジェクトは、ニーズに合わせて柔軟に対応することが可能です。

Q ENERGY FranceとAquacosyのプロトタイプは、約1年前から稼働しており、有望な結果が出ています。 CNRSのプロトコルに従って設計されたこのプロジェクトは、農業生産の収量という点で心強い初期結果を示しています。 また、この試作機は、農業的価値の低い土地に最適なようです。

プロトタイプの最初のテストでは、このプロジェクトが環境に対する負の外部性を持たないことが示されました。 5~15倍のスペースで、100%自然な多品種・高密度生産が可能になるのです。 また、Q ENERGY FranceとAquacosyは、より大規模なプロジェクトの展開を目指しています。

Articles qui pourraient vous intéresser

No Content Available