OPEC+が原油生産を削減する可能性

サウジアラビアによると、OPEC+は必要に応じて減産する可能性があり、増産の話を否定している。
OPEP+

サウジアラビアによると、OPEC+は必要に応じて減産する可能性があり、増産の話を否定している。

予定されている会議

OPEC+は増産を検討しているとの報道を否定。 ウォールストリート・ジャーナル紙は、日量50万バレルの増産が検討されていると報じた。 また、次回のOPECとその同盟国による会議(OPEC+)は12月4日に開催される予定です。

サウジアラビアのエネルギー大臣アブドゥルアジーズ・ビン・サルマン王子は言う。

“OPEC+が会議前に決定事項を議論しないことはよく知られている。”

記事掲載後、原油価格は約5%下落し、1バレル83ドルを割り込んだ。 しかし、サウジアラビアの大臣の介入により、原油価格の下落は抑えられつつあった。

先月、OPEC+は予想に反して生産目標の大幅な引き下げを決定しました。 価格が下がっているときに増産するのは、さすがに異例だろう。 また、景気の先行きもますます心配です。

進行中の法的手続き

サウジアラビアのエネルギー大臣アブドゥルアジーズ・ビン・サルマン王子は言う。

“現在のOPEC+の日量200万バレル削減は2023年末まで継続され、需給バランスを取るために減産による更なる措置が必要な場合、我々は常に介入する用意がある “と述べた。

ウォールストリート・ジャーナルによると、増産の議論が浮上しているという。 バイデン政権が連邦裁判所の判事に、サウジのムハンマド・ビン・サルマン王子は主権免除を受けるべきと伝えたこと。

実際、サウジアラビア人ジャーナリストJamal Khashoggi氏の殺害に関連する米国連邦裁判が進行中である。 今回の免責決定は、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子への譲歩に相当する。 これにより、事実上の王国の支配者としての地位が強化される。

この法的問題は、バイデン政権がサウジアラビアの王子を孤立させようとした後に発生したものである。 また、ここ数日、原油相場は軟調に推移しています。 この傾向は、中国や欧州の石油需要の減少を反映しています。

Dans cet article :

Articles qui pourraient vous intéresser

ドバイ、発電量を最大化

ドバイでは、上海電気の太陽熱・太陽光発電所「トラフ1号機」で発電を行っています。

すでにアカウントをお持ちの方 ここからログインしてください。

続きを読む

無制限アクセス

1ユーロ/週(コミットメントなし
1ヶ月あたりの課金額
  • この分野の最新の専門的なニュースを無制限に閲覧できます。 オンラインでいつでもキャンセルできます。

月ごとの限定記事

無料
  • 当社の記事の一部にアクセスし、お客様の興味に応じてニュースレターをカスタマイズすることができます。

約束は必要なく、いつでも解約できます。
お支払い方法は、4週間ごとに自動前払い引き落としになります。 定期購読はすべて自動更新です。 いつでも解約できます。 その他の制限や税金が適用される場合があります。 キャンペーンや価格は予告なく変更されることがあります。