Clēneraがモンタナ州でプロジェクトを開発

Enlight Renewable Energyの子会社であるClēneraは、Apex Solarプロジェクトの立ち上げに必要な資金を獲得したことを発表しました。
Clēnera

Enlight Renewable Energyの子会社であるClēneraは、Apex Solarプロジェクトの立ち上げに必要な資金を獲得したことを発表しました。 このプロジェクトは、米国モンタナ州において、最低105MWdcの太陽光発電を開発するものです。 アペックス・ソーラー・プロジェクトは、2023年第2四半期に商業運転を開始する予定です。

バンク・オブ・アメリカはClēneraをサポートしています。

Clēneraは、太陽光発電所と電力会社向けストレージソリューションの製造に特化しています。 エンライト・リニューアブル・エナジーの子会社は、全世界で合計1.6GWの太陽光発電容量を設置しました。 現在、約12GWdcの容量で50プロジェクト、5.5GWhのエネルギー貯蔵プロジェクトを開発中です。

ClēneraのプロジェクトであるApex Solarは、主要機関から投資のサポートを受けています。 同社は、米国の再生可能エネルギー分野で最大の投資家であるバンク・オブ・アメリカから支援を受けることができます。 さらに、欧州や米国で活躍するドイツの銀行「NORD/LB」も頼みの綱だ。

バンク・オブ・アメリカのグローバル・サステイナブル・ファイナンス・グループのマネージングディレクターであるオマー・ファルークは、次のように述べています。

「当社は、Clēnera社および当社のパートナーと協力して、この建設資金調達を完了させることができたことを誇りに思います。この取引は、太陽光発電とクリーンエネルギーの開発における新たな重要なステップを示すものであり、2030年までに1.5兆ドルの持続可能な資金調達を目指すBank of Americaの幅広い取り組みの不可欠な一部です。”と述べています。

Clēneraプロジェクトの投資家でもあるHuntington National Bankは、長期のセール・アンド・リースバック・ファイナンスを提供する予定です。 例えば、Clēnera社の社長兼CEOであるJason Ellsoworth氏は次のように述べています。

「これらの取引はClēneraとEnlightの戦略的資金調達能力を象徴しています。大切なパートナーとともに、ポートフォリオをさらに拡大し、エネルギー貯蔵事業を急速に成長させながら、太陽光発電で12GWdpを目指しています。”

主要なプレーヤー

Clēneraは、米国各地で大規模な太陽光発電所や蓄電施設の取得、建設、管理を行っています。 エンライト・リニューアブル・エナジー社の子会社で、信頼性が高く、安価なエネルギーシステムを提供することである。 このように同社は、パートナーである電力会社がクリーンエネルギーのリーダーになるための支援を行っています。

Clēnera社は、NorthWestern Energy社との提携により、25年間にわたり電力を供給します。 2008年に設立されたエンライト・リニューアブル・エナジーは、10カ国以上で活動しています。 米国、欧州、イスラエルを中心に展開しています。

エンライト・リニューアブル・エナジー社は、太陽光発電、風力発電、エネルギー貯蔵のプロジェクトに積極的に取り組んでいます。 発電分野では、あらゆる開発段階にあるプロジェクトのポートフォリオが17GWに達しています。 さらに、同グループは17GWhの蓄電池を保有しており、そのうち2,800MWは建設中です。

Articles qui pourraient vous intéresser