風力発電と太陽光発電:トタルエナジー社CEO、フランスの「行政マラソン」を批判

トタルエナジーのCEOは、フランスの国会議員を前に、再生可能エネルギープロジェクトの手続きの複雑さを嘆いた。
Patrick Pouyanne TotalEnergies

トタルエナジーのCEOであるパトリック・プヤネは、フランス国会議員に対し、同国における再生可能エネルギープロジェクトの認可に関する規制手続きの複雑さを訴え、政府が導入のスピードアップに苦慮していることを明らかにしました。

フランスの主権とエネルギー独立に関する調査団の一員としてフランス国民議会のインタビューを受けたプヤネ氏は、「フランスでは太陽光発電所を設置するのに14の認可が必要だ」と述べた。

この日、CEOは「気候の非常事態」と「行政のマラソン」のように見える土地へのアクセスとの間のパラドックスについて語りました。11月初めに上院で第一読会が採択された再生可能エネルギー分野の加速化法案は、12月5日にブルボン宮で討議される予定です。

この文章は、プヤネ氏によれば「優先事項」の一つである洋上風力発電と太陽エネルギーに焦点を当てる予定である。

これと並行して、2023年初頭、早ければ12月下旬に、原子炉建設を加速させる政府法案が国会で審議される予定です。

「フランスとヨーロッパの再生可能エネルギー関連子会社における、設置するメガワットに対する人員数の比率は、他の国の2倍である。

その結果、2023年の再生可能エネルギー導入目標に対して、「フランスでは現時点で、軌道に乗るために必要な量の半年分を導入している」と述べた。

トタルエナジーズは、フランス国内だけでなく、カタール、韓国、英国、ブラジルなど海外でも太陽光発電や風力発電のプロジェクトを展開しています。

“再生可能エネルギー、太陽光、風力発電の建設というこれらの問題を本当に加速させたいのであれば、地方自治体の責任となりうる空間計画を適切に明示する方法を見つける必要があります。

また、パトリック・プヤネは欧州議会で、特に2011年3月の福島原発事故以来、原発から遠ざかりたいと考えている「大ファン」ではないことを認めている。

「このリスクは存在し、私たちはそれをバランスシートに入れることは不可能だと自分たちに言い聞かせてきた」と述べ、同時に欧州議会議員に「自分の任務の中でこのリスクを軽視してはならない」と警告した。

この半年間の調査委員会は、レ・レプブリカン党によって始められ、2023年4月に報告される予定である。

Dans cet article :

Articles qui pourraient vous intéresser

すでにアカウントをお持ちの方 ここからログインしてください。

続きを読む

無制限アクセス

1ユーロ/週(コミットメントなし
1ヶ月あたりの課金額
  • この分野の最新の専門的なニュースを無制限に閲覧できます。 オンラインでいつでもキャンセルできます。

月ごとの限定記事

無料
  • 当社の記事の一部にアクセスし、お客様の興味に応じてニュースレターをカスタマイズすることができます。

約束は必要なく、いつでも解約できます。
お支払い方法は、4週間ごとに自動前払い引き落としになります。 定期購読はすべて自動更新です。 いつでも解約できます。 その他の制限や税金が適用される場合があります。 キャンペーンや価格は予告なく変更されることがあります。