電気:「コル・ルーレから頭を出せ」とマルレク(LR)がル・メールに言う

欧州委員会は、LR代議員会の代表であるオリビエ・マルレックスが木曜日にブルーノ・ル・メールに対し、スペインからインスピレーションを得るよう呼びかけたように、「タートルネックから頭を出す」ことを表明した。
Le Maire Olivier Marleix

“欧州委員会は、EU域内の電力価格を20%削減することを目標に、電力問題への新たな取り組みを行うとしています。

「あなたが服のアドバイスを与えることを終えたときブルーノ・ル・メール、あなたは私たちの企業に説明しますなぜ彼らはポルトガルやスペインのものが115EUR/MWhである一方、電気のために640EUR/MWhを支払う “ウール-エ-ロワール代理は、Twitterで言った、約束への言及で、作られた
経済産業大臣による「節電」のためのタートルネックジャンパーの着用。

マルレイ氏はSud Radioで、「フランスでは50ユーロで電気がつくれるのに、この価格は異常だ」と憤慨している。

金曜日にブリュッセルで行われる欧州エネルギー大臣会合で、「政府は問題を手に入れ、本当の対決をすることを躊躇してはならない、我々の法律では、欧州のルールから抜け出すことができる」とも述べた。

冬が近づくにつれ、エネルギー節制を促す一方で、ブルーノ・ル・メールは火曜日のFrance Interで、同省は「(室内の)温度が19度以下になるまで」暖房をつけないと述べ、自身も今後、襟巻きをするつもりだと述べた。
を巻いた。

これらの発言は、水曜日にエリザベート・ボルン首相が鮮やかな色のダッフルコートを着ている写真や、ルネサンス議会のジル・ル・ジャンドル議員がfranceinfoでインタビューに答え、タンブル乾燥機をやめてシンプルな洋服掛けにしたと述べたように、広く野党から嘲笑されました。

「彼らの愚かさがエネルギーだったら、不足なく冬を越せるのに!」と、LFI議員のボス、マチルド・パノはつぶやいた。

水曜日、RN大統領候補のマリーヌ・ルペンはTwitterで「マリー・アントワネット・ル・メール」を嘲り、「暖房が足りないのか」と呟いた。カシミヤを着せてあげよう!”

「我々がエネルギー節減の努力をしなければならないと言うとき、それはイグルーの中で生活しなければならないという意味ではなく」、「我々が50年前に飛躍したと考える」のではなく、「我々がフランス人に求めているのは」「エネルギー代とエネルギー消費を約10%削減するための小さな行動だ」と政府スポークスマンのオリヴィエ・ベランは水曜日夕方に CNews で語った。

Dans cet article :

Articles qui pourraient vous intéresser

すでにアカウントをお持ちの方 ここからログインしてください。

続きを読む

無制限アクセス

1ユーロ/週(コミットメントなし
1ヶ月あたりの課金額
  • この分野の最新の専門的なニュースを無制限に閲覧できます。 オンラインでいつでもキャンセルできます。

月ごとの限定記事

無料
  • 当社の記事の一部にアクセスし、お客様の興味に応じてニュースレターをカスタマイズすることができます。

約束は必要なく、いつでも解約できます。
お支払い方法は、4週間ごとに自動前払い引き落としになります。 定期購読はすべて自動更新です。 いつでも解約できます。 その他の制限や税金が適用される場合があります。 キャンペーンや価格は予告なく変更されることがあります。