記録破りのアルストム水素鉄道

ドイツでは、アルストム社の水素鉄道が走行距離の記録を更新しました。 1,175kmを1回の燃料で走破した。
record train hydrogène _energynews

アルストム社の水素鉄道が、木曜日にドイツ全土を1本の燃料タンクで1,175km走行し、走行距離の記録を更新しました。

アルストムは、8月下旬からドイツ北西部で営業運転を開始したLandesnahverkehrsgesellschaft Niedersachsen(LNVG)シリーズの列車が、ブレマーベルデ(北西部)とミュンヘン(南部)の間を無給油でこの距離を走行したと、金曜日に発表しました。

「今回の出張で、当社の水素列車がディーゼル列車に代わるすべての特性を備えていることが改めて証明されました」と、フランスのメーカー、アンリ・プーパール・ラファージュCEOのコメントを引用している。

車内で水素と空気中の酸素を混ぜ合わせ、燃料電池で電気を作り、列車を走らせる。 水素の製造がクリーンであれば、水蒸気しか排出しないので、特にお徳です。

ドイツの「iLint(アイリント)」は、水素だけで走行するモデルで、パワートレインはフランスのタルブで設計されたものです。 非電化路線専用に設計され、LNVGでは80〜120km/hで走行し、140km/hまで到達することができます。

発表時にアルストムは、同等のディーゼル列車と同様に最大1,000kmの航続距離を発表しています。

フランスのグループは、LNVGに14台を納入し、流通しており、フランクフルト地区向けに27台を販売しました。 また、イタリア市場向けに6編成の車両を製造しており、フランスでは水素と電気のデュアルモード仕様の車両を開発中である。

Articles qui pourraient vous intéresser