浮体式ウィンドファーム:2020年、地中海に誕生する新しいプロジェクト

parc-eolien-flottant

シチリア海峡に浮かぶ風力発電所の開発が進んでいます。 この意欲的なプロジェクトを請け負ったのは、イタリアの7seas Med社です。

浮体式10MW風力発電機25基からなる浮体式ウインドファーム

この250MWの浮体式風力発電所は、地中海沿岸では初めてのものです。 水深300mに直面し、技術者はテトラスパーの技術を採用することを決めた。 そのため、この浮体式風力発電のタービンは、半潜水式の浮体基礎に搭載されることになります。

7seas Medとその風力発電の専門知識

イタリア国土交通省に提出された計画書によると、同社は浮体式変電所の設置も計画している。 マルサラの沖合37kmに設置され、同港と41kmの輸出用ケーブルで結ばれる予定です。 また、シチリアのパレルモ港とアウグスタ港を建設拠点として徴用する予定です。 マルサラ港は、長期的な運用・保守の拠点に生まれ変わります。 これによって多くの雇用が生まれ、多くのエネルギーが生産されることになります。

浮体式洋上風力発電機の安全性が議論されています。

しかし、7 seas Med SrlのCEOであるPepe Carnevale氏は、このプロジェクトはまだ初期段階であるとリニューアブルズナウに語っています。 特に、このような構造物を設置することによる環境への影響を評価するなど、多くの安全対策が欠落しています。 海洋生物多様性への影響は、まだ十分に解明されていません。

デンマークの財閥が支援するプロジェクト。

この7億4100万ユーロのプロジェクトは、デンマークの2つの企業、コペンハーゲンオフショアパートナーズ(COP)とコペンハーゲンインフラストラクチャパートナーズが支援しています。 しかし、リニューアブルズ・ナウによると、7 seas Med SrlのCEOは、これらのデンマーク企業のプロジェクトへの正確な関与について、自由に話すことができなかったという。 後者は、国際エネルギー機関(IEA)がエコロジー移行の重要な要素と見なす他の洋上風力発電計画に関与しています。 これらの企業は、米国ではVineyars Windプロジェクト、ドイツではVeja Mateで知られています。

浮体式ウィンドファームの民主化に向けて

この金額は、風力発電機のコスト差によるものです。 設置されているものは、浮遊式のものと違い、安価だが水深50mを超えることはない。 長期的には、この差は縮まり、洋上風力発電の民主化が進むと思われます。

革新的な風力発電システム

この浮体式タービンのコンセプトも、1978年に風力発電機の生みの親であるヘンリック・スティーズダルが開発したデンマークの技術「テトラスパー」がベースになっています。 欧州風力発電協会によると、この方法の開発は、将来のエネルギーにとって重要であるという。 実際、ヨーロッパの風力資源の80%は水深60m以深で発見されています。 公園の歩留まりも外海の方が高い。 そのため、デンマークのエネルギー企業が、地中海でのこの新しいプロジェクトの中心となっています。

イタリアでは、再生可能エネルギーが依然として議論の中心となっている

イタリアの日刊紙「II Sole 24 Ore」によると、プロジェクトマネージャーのLuigi Severini氏は、2023年に作業を開始する可能性があると述べています。 しかし、7 Seas Medは、30年間の利権の要求について、イタリア国からまだ回答を受けていない。 実際、コロナウイルスが流行する前、同社はシチリア海峡の北西部にある131平方メートルの国家海域に建設許可を申請していた。 CEOのPepe Carnevaleによると、これは30年間で付加価値税(VAT)抜きで8440万ユーロに相当する合計126万平方メートルの水面面積に相当するとのことです。

混迷する歴史

しかし、2019年のシチリア州議会は、シチリア島のゲラ湾、ブテラという町の向かいに38基の風力発電機を建設する申請をすでに却下しています。 Econostrum紙によると、この決定の主な理由は、海岸からの風力発電所の視認性である。 この新しいプロジェクトはそうではなく、シチリアの土地に視覚・騒音汚染のない地平線を保証するために、チュニジアの方に向けられる予定です。

イタリア国からの回答を待っているところ

プロジェクトマネージャーのルイジ・セヴェリーニは、記者会見で「我々は今、イタリアの官僚主義という激動の海を航海している」と指摘し、プロジェクトの行方をイタリア国家の手に委ねている。

しかし、この再生可能エネルギーに着目しているのは、イタリアやデンマークだけではありません。 フランスはすでに2020年に、地中海のオクシタニー地方とスッドパカ地方にそれぞれ25万kWの洋上風力発電所を建設する入札を2件実施しています。

Dans cet article :

Articles qui pourraient vous intéresser

フォータム、ロシア事業への重い引当金計上を発表

フィンランドのエネルギー企業であるフォータムは、ウクライナ侵攻によるロシアからの「管理下撤退」の一環として、ロシア事業に対する10億ユーロの高額な引当金を計上することを発表しました。 この財務上の切り下げは、フォータムのロシア事業に関する複雑化した事業環境と長引く不確実性を反映しています。

フランス:ガイアナに新しい火力発電所を建設

フランス領ギアナのラリヴォトでの火力発電所の建設は、ボルドーの行政裁判所により環境認可が承認されたため、今後進めることができるようになりました。 EDF-PEIのプロジェクトは、環境保護団体から多くの批判を受けていますが、エネルギー会社の子会社は、2030年までに再生可能エネルギーによる電力構成100%を目指し、フランス領ガイアナへの電力供給を強化する決意を固めています。

フランス:NRIにおける再生可能エネルギーの導入状況

CREは火曜日、ZNIにおける太陽光発電プロジェクトの仕様を変更することを発表しました。 エネルギー危機と気候の緊急事態に対応するため、212MWの再生可能エネルギーの導入を加速させることを目的としています。 今回の発表は、フランス議会が再生可能エネルギー促進法を決定的に採択したのと同じ日に行われました。

エクイノール社、2022年度の業績が過去最高を記録

ノルウェーのエネルギー大手であるエクイノールは、2022年の例外的な決算を発表しました。 純利益は、ガス料金の高騰により287億ドルに達しました。 Equinorの将来の投資、手厚い株主報酬制度、将来に向けた強力な成長態勢は、完全な拡大期にある企業であることを示しています。

フランス:再生可能エネルギー改革を最終的に採択

フランス議会は火曜日、エネルギー転換担当大臣のアニエス・パニエ・ルナシェが提出した再生可能エネルギーの加速に関する法案を最終的に採択した。 この改革は、再生可能エネルギーにおけるフランスの遅れを取り戻すことを目的としており、太陽光発電の容量を10倍の100GWに増やし、2050年までに40GWに達するように洋上風力発電所を50基配備する。

すでにアカウントをお持ちの方 ここからログインしてください。

続きを読む

無制限アクセス

1ユーロ/週(コミットメントなし
1ヶ月あたりの課金額
  • この分野の最新の専門的なニュースを無制限に閲覧できます。 オンラインでいつでもキャンセルできます。

月ごとの限定記事

無料
  • 当社の記事の一部にアクセスし、お客様の興味に応じてニュースレターをカスタマイズすることができます。

約束は必要なく、いつでも解約できます。
お支払い方法は、4週間ごとに自動前払い引き落としになります。 定期購読はすべて自動更新です。 いつでも解約できます。 その他の制限や税金が適用される場合があります。 キャンペーンや価格は予告なく変更されることがあります。