洋上風力発電のためのグローバルアライアンス

GWEC、IRENA、デンマークは、洋上風力発電の導入を促進するために、新しいグローバルアライアンスを立ち上げます。
Alliance mondiale pour l'éolienne offshore

洋上風力発電のためのグローバルアライアンスが結成されました。 IRENA、GWEC、デンマークが主導し、洋上風力の潜在能力を引き出すことを主な任務とする。

洋上風力発電の大規模な推進

ニューヨークで開催されたパブリックイベントでは、アライアンスの野心とビジョンを発表する機会となりました。

その結果、Global Offshore Wind Alliance(GOWA)は、全世界の洋上風力発電設備容量を670%増加させるという課題を掲げています。 2021年の57GWから、2030年には380GWに増加する。 本アライアンスは、全世界で7,100万kWを超える発電能力を持つ資源を掘り起こす重要な触媒となることを目指しています。

デンマークの気候相Dan Jørgensenにとって、国際協力は必須である。

“一人ではできないが、官民、国・地域が一体となって取り組む必要がある。グローバル・オフショア・ウィンド・アライアンスは、これを実現するためのプラットフォームとなるでしょう。

この提携を始めたデンマークは、この分野では先駆者的存在です。 実際、1970年代以降、この国はその吹く風を利用してきた。 50年後の現在では、国民一人当たりの風力発電量世界一を誇っている。 ダン・ヨルゲンセンが共有したい経験。

「デンマークは1991年に世界初の洋上風力発電所を建設しました。私たちはこの分野で多くの経験を積んできており、この経験を長い間、世界の人々と共有してきました。”

ロシアのガスがなくてもやっていけるように、今後も投資を続けていく。

地球温暖化防止への取り組み

Global Offshore Wind Allianceは、気候変動対策の目標を達成することを目的としています。 実際、IRENAとIEAの予測によると、世界の気温を1.5℃に抑えるという目標を達成するためには、2,000GWの洋上風力発電設備が必要であるとしています。

米国の土地鉱物管理担当次官補であるLaura Daniel-Davis氏は、パリ協定で定められた目標は、国際協力なしには達成できないと指摘する。

「私たちは、洋上風力発電における国際協力の価値と、気候危機への取り組みにおいてすべての国がその役割を果たすことが絶対必要であることを認識しています。

さらに、地政学的に極めて緊迫した状況の中で、洋上風力発電に投資することは、エネルギーの自立を加速させる手段でもあるのです。 IRENA事務局長のフランチェスコ・ラ・カメラの進むべき道。

“エネルギーの安全保障と残酷なエネルギー危機は、私たちの世界を見直すことを余儀なくされています。洋上風力発電技術は、大きな風力資源を持つ新しい土地への入り口となる。”

また、アライアンスの代表者は、官民から新たなパートナーを募った。 新たなパートナーシップを築くために、増やしていきたい協力関係。

Articles qui pourraient vous intéresser