気候目標、フランスは遅れをとっている

最近の調査によると、フランスは温室効果ガスの削減目標を達成していないものの、軌道に乗っているとのことです。
objectifs clmimatiques France_energynews

フランスは、温室効果ガスの排出削減目標を達成していない。主要部門が引き続き過剰なCO2を排出し、炭素吸収源も期待通りに機能していないことが、木曜日に発表された最新の気候・エネルギー観測衛星の結果で明らかにされた。

この年次観測所は、気候行動ネットワーク(CAN)が、生態系移行機関であるアデムなど他のパートナーとともに企画したものです。

フランスがロードマップ、国家低炭素戦略(SNBC)、多年間エネルギー計画(PPE)で定めた目標と国の排出量を比較しています。

2050年までに温室効果ガスの純排出量をゼロにすることを目指しており、その時までに残留する排出量を炭素吸収源による除去で相殺する必要があります。

2021年は、経済活動の一部回復に伴い、温室効果ガスの総排出量(吸収量を除く)が回復しました。 しかし、フランスはこの総体的な指標ではまだ軌道に乗っていない、と観測所は指摘している。

エコロジー移行省は、フランスの排出量が1990年比で23%減少していることを指摘し、「我々は軌道に乗っている」と述べた。 フランスは2030年までに40%削減することを約束していますが、ヨーロッパの新しい目標(-55%)を考慮し、この野心を強化する必要があります。

一方、純排出量(森林や土壌による吸収を含む)については、「過去数年間の森林吸収源の劣化を考えると、炭素予算の年間シェアは2040万トン(CO2換算)超過している」と同観測所は指摘している。

昨年のCO2排出量は、目標値3億8,400万トンに対し、4億440万トン(MtCO2e)でした。

目標と実績のギャップが大きいのは、本来、炭素の吸収源となるべき森林・土壌の分野である。 この吸収目標は「過大評価」されていると、Climate Action Networkのエネルギー移行部門の責任者であるZélie Victor氏は言う。

計算が難しいCO2の吸収は、土壌の人工化、干ばつ、火災などで損なわれている。

「温室効果ガスの吸収だけでなく、排出量の削減に注力しなければならないこと、また、森林や土壌の開発・保全にもっと配慮しなければならないことを思い知らされます」とZélie Victorは強調した。

この炭素吸収量の問題について、生態系移行省は、”干ばつや森林を襲うさまざまな病気などのために、より心配な状況である “と認めている。 今夏の火災は言うまでもなく、今年もその影響を受ける可能性があります。

活動別では、運輸部門が依然として最大で、国の排出量の30.1%を占めており、次いで農業(19.4%)、工業(18.6%)となっています。

交通機関と建築物は、それぞれ交通規制と穏やかな天候の恩恵を受けたため、2021年には「炭素予算」の範囲内に収まったと観測所は述べている。 一方、農業と工業はその軌道から外れた。

最後に、重要なエネルギー分野では、化石燃料からの撤退が「困難」である一方、「再生可能エネルギーとエネルギー消費量の削減が大幅に遅れている」と指摘している。

エマニュエル・マクロン大統領は24日、フランスは原子力発電だけでなく、風力発電や太陽光発電についても加速させるべきだと述べた。

Articles qui pourraient vous intéresser