日本の石油会社CEOの辞任は、性的暴行事件と関連していた

エネオスホールディングスは2日、8月に突然辞任した最高経営責任者が性的暴行事件への関与と関係があることを確認した
Eneos Holding group Japon

日本の大手石油会社エネオスホールディングスは水曜日、8月に突然辞任した最高経営責任者が、日本のタブロイド紙が同日未明に明らかにした性的暴行事件への関与と関係があることを認めた。
エネオスは声明の中で、杉森務前CEOの行動は「極めて遺憾」であり、グループが「絶対的な優先事項」としている人権の尊重などの価値観に反していると述べた。

エネオス社は、8月12日に杉森氏の「個人的な理由」による突然の辞任を発表したが、その詳細については明らかにせず、水曜日に発表した声明の中で、メディアで公表された情報に言及した。

週刊新潮によると、杉森氏は7月、沖縄県でバーのホステスに無理やりキスをするなどの性的暴行を加えたという。 また、抵抗しようとして身体に傷を負ったとも伝えられている。

エネオスは声明の中で、被害者のプライバシーを守るため、これまでこの件について公言することを避けてきたと述べている。 2017年以降、世界中で多くの性暴力被害者の声を解放した社会運動「#MeToo」は、日本も少しはラインを動かすことができたものの、諸外国に比べてインパクトが弱い。

例えば、最近、元自衛官の女性が、昨年、同僚の男性から受けたという性的暴行を認めてもらうために奮闘していることを公表しました。 このため、日本の防衛省は調査を再開し、これをきっかけに明るみに出た多くの類似の事例を調査することになった。

Articles qui pourraient vous intéresser

No Content Available