原油価格回復

原油価格は、中国におけるCOVID-19規制の緩和に支えられ、回復しています。
cours pétrole_energynews

原油価格は、前日に8ヶ月ぶりの安値に接近した後、中国の景気回復とOPEC+の生産量が8月の割当量を下回ったことを受けて回復している。

GMT0915頃(パリ時間11時15分)、11月着のブレント北海原油は0.63%高の92.58ドルだった。 取引最終日となる10月渡しの米ウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)は、0.54%高の86.19ドルだった。

ハーグリーブス・ランズダウンのアナリスト、スザンナ・ストリーターは、「投資家が世界的な見通しの悪化を評価し、原油価格は安定した(中略)今週は金利が再び上昇し、世界の需要を制限しそうだ」とコメントしている。

米国の中央銀行であるFRBの金融政策委員会は、水曜日に金融政策の決定を発表する予定です。

PVMエナジーのタマス・ヴァルガ氏は「短期的な経済的痛みを伴うとしても、インフレを抑制することが第一の目的だ」と言う。

市場は金利のさらなる急上昇を予想しており、それが需要を圧迫する可能性があります。

しかし、Susannah Streeterに言わせれば、中国のCovid規制が緩和され、「巨大都市成都が解放され、2100万人が生活できるようになった」ことが価格の支えになっているという。

香港では、中国の「ゼロ・コビッド」戦略をより緩やかにしたものを実施するとしても、2年以上続いている厳しい健康制限を解除すると、香港の最高経営責任者が火曜日に発表することを約束しました。

ロイターが引用した内部文書によると、Opec+(石油輸出国機構とその同盟国)が8月の目標を達成できず、日産35億8300万バレルを下回ったことも支援要因の一つ。

Oanda のアナリストである Craig Erlam 氏は、「これは、我々が事業を継続する上で困難な状況にあることを市場にもう一度思い出させる」ものであり、供給に関する懸念を最前面に押し戻すものであると述べています。

Articles qui pourraient vous intéresser