再生可能エネルギーで70万人の雇用を創出

昨年はCOVID-19の影響が残っていたにもかかわらず、再生可能エネルギーは70万人の雇用を創出しました。
énergies renouvelables emplois_energynews

世界の再生可能エネルギーの様々な形態の開発は、”Covid-19 とエネルギー危機の上昇の永続的な影響 “にもかかわらず、昨年 70万ジョブの作成を許可している、木曜日国際再生可能エネルギー機関 (IRENA) を発表しました。

世界の再生可能エネルギー分野(太陽光、風力、水力、バイオ燃料、バイオガス、地熱)の総雇用数は、10年前(2012年)の728万人から、2021年には1270万人に達し、2020年には1200万人、その3分の2はアジアに集中しています。

Irenaは報告書の中で、中国だけで雇用の42%を占め、欧州連合とブラジルがそれぞれ10%、米国とインドが7%を占めていると述べています。

主な成長分野は太陽光発電で、全世界で約430万人の従業員が働いています。 このうち、中国が新規の太陽光発電プロジェクトの40%を占め、米国、インド、ブラジル、ドイツがそれに続いた。

半導体(ウエハー)メーカーのほぼすべて(96%)が、政府の大きな支援を受けている中国に拠点を置いている、とIrenaは指摘する。

バイオ燃料の分野では全世界で240万人が雇用されており、その多くが農工業団地で、水力発電の分野では235万人が雇用されています。

風力発電は、製造と風力発電所の運営で合計137万人を雇用しています。

国際労働機関(ILO)と共同で作成されたこの報告書によると、昨年、世界の発電容量は93GW増加したとのことです。

この分野では、中国が48%、アジアが57%を占め、次いでヨーロッパ(25%)、アメリカ(16%)となっています。 アフリカとオセアニアは雇用の2%を占める。

国別では、中国に次いで2位のドイツ、7位のデンマーク、8位のイギリスと、欧州の3カ国がトップ10にランクインしています。 ヨーロッパは洋上風力発電の設置に先進的で、陸上よりも複雑な海底ケーブルの敷設が必要です。

固体バイオマス開発では71万6千人、バイオガスでは30万7千人、地熱では19万6千人が働いている。

イレーナでは、エネルギー効率化、電気自動車や水素への投資の増加に伴い、再生可能エネルギー分野の従業員数は今後も増え続け、2030年には合計3,820万人になると予想しています。

Articles qui pourraient vous intéresser