再生可能エネルギーが “大部分 “関税シールドを賄う

エネルギー価格の高騰により、再生可能エネルギーはフランス国にとって金のなる木となり、2023年のプロジェクト延長のために前例のない資金を手にすることができるようになったのです
Bouclier tarifaire

エネルギー価格の高騰により、再生可能エネルギーはフランス政府にとって金の卵を産むガチョウとなった。フランス政府は、ガスと電気料金の高騰を緩和するための料金制度を2023年まで延長するための資金として、前例のない大金を手にすることができる。 政府は9月14日、2023年の料金シールドの延長を発表し、電気・ガス料金の値上げを15%に制限した。

この新しい「盾」がなければ、関税は120%上昇していただろうと政府は言っている。

2023年版のシールドでは、フランスの債務が160億ユーロ増加し、家庭、中小企業、共同経営体、最小の自治体の負担を軽減するために、ガスに110億、電力に50億が国によって支払われることになるのです。
ガス代110億円、電気代340億円、合計約450億ユーロであるが、再生可能エネルギー会社(RE)から回収した290億円を差し引く予定である。

電力とガスの卸売価格の危機という例外的な状況により、再生可能エネルギー部門は実に魅力的な収入を得たが、欧州委員会が欧州全体で一般化したいと考えている補償メカニズムによれば、国に返済しなければならないことになる。 電気とガスにかかる関税を大幅に削減する」ためのツールです。
ガス」だとベルシーが言っていた。

コロンブス・コンサルティングのエネルギー専門家、ニコラス・ゴールドバーグ氏はAFPに対し、「市場価格が大きく狂ってしまったので、今日、再生可能エネルギーは国家にお金を返している」と述べた。

詳細では、450 億のうち、ベルシー 90 億 CSPE、電気の公共サービスへの貢献は、彼らの報酬を補償するためにこれらの再生可能エネルギー企業に国家によって支払われることはありません、したがって回避される費用から差し引かれる予定です。

9月14日の国民議会経済委員会でブルーノ・ル・メールは、「エネルギー企業が太陽光発電や風力発電で得た利益190億ユーロ」の返済も当てにしていると説明した。

さらに、ローヌ国立会社(CNR)からの水力発電による追加収入も10億ユーロあります。
このように国の財政に還元されるのは、国が事業者に対して、RE投資のリスクを引き受けながらもギブアンドテイクを原則とする支援メカニズムを前代未聞に逆転させたからである。 したがって、市場価格が国が保証する固定価格より低い場合は、企業に補償金が支払われる。 一方、市場価格がそれを上回った場合には、事業者が国に収益を還元することになっている。 国との契約に定められた価格、これが現在のケースです。

電力卸売市場の価格は、ウクライナ紛争勃発前の50ユーロ以下から、8月には1メガワット時あたり1,000ユーロ超に上昇した。

「価格がこの保証価格を上回った場合、国がその分を回収するのが正当だと思う」と、ブルーノ・ル・メールは国会議員の前で述べた。 エネルギー規制当局のCREはこの夏、「例年は国家予算のコストであったものが、今は初めて公的な財布の収入になる」と述べた。

Articles qui pourraient vous intéresser