マクロン大統領、フランス初の洋上風力発電所の落成式に出席

エマニュエル・マクロン大統領は、木曜日にサン=ナゼール沖で風力発電所の落成式を行い、その導入を加速させる意向である。
マクロン国防会議_エネルギーニュース

Emmanuel Macronは、木曜日にSaint-Nazaireの沖合に一連の洋上風力発電所の最初の落成式を行う。彼は、エネルギー危機に直面して加速するつもりだ。

“これは道の始まりであり、再生可能エネルギーの大規模な開発への第一歩である。

炭化水素価格の高騰やウクライナ戦争による供給不足のリスクがある中で、フランスの「エネルギー主権」を強化し、近隣諸国に比べて大幅に遅れている自然エネルギーの普及を図ることが目的です。
国家元首は、午前中にLe PouliguenとLe Croisicの沖合12〜20kmに設置された80基の風力発電機の現場を船で視察する予定です。

EDFが運営するこのパークは、年内に本格的に稼働する予定です。 そして、70万人に供給できる480メガワット(MW)の電力を持つことになります。
また、マクロン大統領は、風力タービンを海に設置する前に組み立てるサンナゼールのChantiers de l’Atlantique(アトランティック工場)を訪問します。 月曜日に閣僚会議に提出される「再生可能エネルギーの加速化」法案の主要なラインを明記する。
この文章は、行政手続きを簡素化し、環境保護活動家や漁業者、地域住民の申し立てによる審査にかかる時間を制限することで、プロジェクトの実施期間を短縮することを目的としています。

目盛りの左側

現在、オフショアサイトが稼働するまでに、フランスでは平均10年かかるのに対し、ドイツでは5年、イギリスでは6年かかっています。 陸上風力発電では7年で、スペインやドイツの2倍、太陽光発電はそれほどでもない。 このプロジェクトで、エマニュエル・マクロンは、2期目の5年間の任期を迎えるにあたり、改革派路線を維持することを決意し、左派とエコロジストに公約を与えると同時に、年金や環境に焦点を当てるつもりである。
失業保険を右へ しかし、絶対多数派が存在せず、風力発電に反対する極右や一部の右派選出の議員を前に、国民議会での法案の審査は難航が予想されます。 この問題はすでに大統領選挙で取り上げられており、RNのマリーヌ・ルペン候補は、プロジェクトの停止と既存施設の段階的な解体を訴えていた。 2月10日、ベルフォールでエマニュエル・マクロン大統領は、洋上風力発電を選択し、2050年までに約50カ所、40ギガワットの容量の風力発電所を建設する目標を掲げていた。 現在までに、以下の7つのパークが事業者に授与されています。
サン・ナゼールでは、漁民との摩擦の対象となったサン・ブリューク、コースユ・シュル・メール、フェカンで建設が始まった。
その後、2つの入札を含め、他の入札も開始されました。
地中海

オレロンでは、このプロジェクトをさらに沖合に押し進めようとする訴えが出されている。

一方、国家元首は陸上風力発電にブレーキをかけ、現在の発電量を10年ではなく30年で2倍にするとしています。 また、2035年までにEPR2炉を6基建設して原子力を復活させること、2050年までに太陽光発電の設備容量を10倍にすることを発表しました。

県民総動員

2月24日にウクライナで戦争が勃発し、気候変動による被害がますます顕著になる中で、ベルフォールで設定された方針はこれまで以上に緊急性を増している」とエリゼは主張している。

フランス自然環境保護庁(FNE)を含むいくつかのNGOは、手続きの合理化を目的とした法案の条項を批判している。 自然エネルギーの開発は、「パブリックコンサルテーションの手続きと環境法を遵守して」行われなければならないと主張している。 政府は水曜日、批判された記事の一つをようやく撤回した。

フランス・エネルジィ・エオリエンヌは、この文章が、長期的な視野で、風力発電所の近くに住む人々の電気代を削減したり、海上風力発電所を海上ファサードによって計画することによって、特に景観上の再生可能エネルギーの設置に貢献できると考えています。

しかし、当面の間、このプロセスを加速するために、この部門は、ファイルの「処理を促進する」ことを都道府県に求める最近の通達を当てにしている。 この3年間、陸上風力発電事業者の認可数は激減し、フランスはその目標からますます遠ざかっています。

電力供給が緊迫し、原子力発電所の一部が使用できなくなる中、風力、太陽光、メタン発酵は2025年まで「メガワットアワーを追加生産する唯一の手段」になると、代表者は主張している。

2021年の発電量は、自然エネルギーが24%(水力、風力、太陽光、バイオエネルギー)、原子力が69%、化石燃料が7%となっています。

Articles qui pourraient vous intéresser