マクロン大統領、フランスのエネルギー政策を決定

マクロン大統領は、サン・ナゼール洋上風力発電所の落成式で、フランスのエネルギーの方向性を示す。 再生可能エネルギーや原子力発電の開発を行う予定です。
macron cap énergétique_energynews

エマニュエル・マクロンは1日、サン・ナゼール(ロワール・アトランティック)沖にフランス初の洋上風力発電所を稼働させ、再生可能エネルギーの導入で「2倍のスピード」を目指し、新しい原子炉の立ち上げを加速させると表明した。

沖合12〜20kmに設置された80基の風力発電機が70万人分の電力を生み出すことを船上から確認し、「ハッピーデイ、グロリアスデイ!」と語った。

「しかし、これらすべては複雑な時期に起きており、まだ時間がかかりすぎている」と、ウクライナ戦争に伴うエネルギー価格の高騰が「すべてを覆した」と指摘した。

「現在から2050年の間に電力需要が40%増加するため、フランスは再生可能エネルギープロジェクトに「2倍のスピード」で取り組む必要がある」、特に風力と太陽光発電について、と国家元首は強調した。

この加速は、行政手続きの簡素化と法的な訴えの審査にかかる時間の短縮によって達成されるべきであるという。

現在、オフショアサイトが稼働するまでに、フランスでは平均10年かかるのに対し、ドイツでは5年、イギリスでは6年かかっています。 陸上風力発電では7年で、スペインやドイツの2倍、太陽光発電はそれほどでもない。

これらの施策は、月曜日に閣僚会議に提出される再生可能エネルギー加速化法の草案や、政令、改正案などに盛り込まれる予定です。

陸上風力発電も

2月10日、ベルフォールにて、エマニュエル・マクロン大統領は、2050年までにフランス国内に約50カ所、40ギガワットの容量の洋上風力発電所を設置する目標を掲げた。

現在までに7つのパークが事業者に発注されているが、プロジェクトの実現は数々の不服申し立てに阻まれ、フランスは近隣諸国に遅れをとっている。

サン・ナゼールの後は、漁民との軋轢があったサン・ブリューク、コースユ・シュル・メール、フェカンで建設が始まった。 オレロンでは、このプロジェクトをさらに沖合に押し進めようとする訴えが出されている。

また、ベルフォールで「10年後ではなく、30年後に風力発電の能力を2倍にすることを目指したい」と発表した後、「陸上で風力発電をしなければならない」と訴えた。

“陸上風力発電はごく一部の地域に集中している “とし、この分野での “オープンゲーム “を呼びかけた。

国家元首は、太陽光発電の発展の道筋として、荒地に多くのパネルを設置する「土地の解放」を挙げ、自動車道や鉄道の縁を挙げたほか、農業用太陽光発電で一定の農地を確保することも提案した。

原子力については、「アプローチは同じ」であり、「物事を単純化」することによって「より速く」進むべきだとエマニュエル・マクロンは主張した。

“投資していない”

また、ベルフォールでは、国家元首が2035年までにEPR2型原子炉を6基建設し、原子力を復活させることを発表しました。 2月に発表された監査では、最初の委託は2037年という時期が示唆された。

再生可能エネルギーと同様、法律ができれば、「最初に特定された場所の開発を促進するために、既存の都市計画手続きを適応させる」ことが可能になり、「時間を無駄にしないために、今すぐプログラムを開始する」ことができると、彼は強調した。

エマニュエル・マクロンは、両陣営の支持者に対し、「すべてのREは機能しない、すべての核は機能しない」と正当化した。

「そして、今日、(ウクライナの)戦争で私たちが経験していること、ドイツなどの近隣諸国がさらに経験していることは、エネルギーの鍵はモデルを多様化することであるということです。

また、再生可能エネルギープロジェクトについて、コミュニティや地域住民との「価値共有」の向上を約束し、これは主に、しばしば争点となる洋上風力発電に関わるものであるとしている。

SER(エネルギー再生産機構)会長のジャン=ルイ・バルは、「緊張感のある演説」だと歓迎した。

しかし、自然 と人間のための財団のアドボカシー担当ディレクターであるアマンディーヌ・ ルブロン氏は、「この遅れが地域や行政の妨害によるものだというのは正し くはない」と述べています。 “投資していない “のです。

Articles qui pourraient vous intéresser