ノルデックス、カントー風力発電所を開発

ノルデックスがwpd社から受注。 ドイツにある31.5MWのカントウ風力発電所で使用される予定です。
Nordex et Wpd développent l'éolien en Allemagne

ノルデックスがwpd社からドイツで31.5MWを受注。 カントー風力発電所は、この契約の恩恵を受けることになります。 ドイツは、エネルギー危機の中でエネルギー転換を続けています。 ノルデックスは、ドイツで成長を続けています。

ノルデックスグループは、常連客であるwpd社からドイツで31.5MWの受注を獲得しました。 ノルデックスグループは、カントウ風力発電所向けにDelta4000シリーズのN149/4.Xタービン7基を供給する予定です。

ノルデックス、カントー風力発電所を開発

そして、カントー風力発電所は、wpd社がNordex社に発注した恩恵に浴することになるのです。 また、15年間にわたるタービンのメンテナンスのためのプレミアムサービス契約も含まれています。 また、さらに5年間の延長オプションがあります。

ベルリンから約90kmのブランデンブルク州に、31.5MWのカントウ風力発電所が建設されています。 定格出力4.5MWのタービンは、2023年夏にハブ高さ164mのハイブリッドタワーに設置される予定です。

Wpd社、Nordex社

カントー風力発電所の開発は、wpd社とNordex社が共同で行っています。 陸上風力発電所や太陽光発電所の開発・運営を行っているwpd社。 1996年に設立され、ブレーメンに本社を置くドイツ企業で、世界28カ国で活動しています。

これまでに約2,550基の風力発電機、5,740MWの発電能力を持つ風力発電プロジェクトを実施しています。 プロジェクト・ポートフォリオには、合計13,870MWの陸上風力発電と2,300MWの太陽光発電が含まれています。

カントー風力発電所を手掛けるノルデックスグループは、40以上の市場で41GW以上の風力発電設備を導入しています。 2021年には、54億ユーロの売上高を記録しました。 現在、約9,000人の従業員が働いています。

共同生産能力として、ドイツ、スペイン、ブラジルの工場があります。 米国、インド、メキシコと同様です。

Articles qui pourraient vous intéresser