ドローム地方に異常な放射能はない

最新の測定によると、ドロームにあるフラマトーム工場の火災は、異常な放射能を発生させるものではありませんでした。
radioactivité_energynews

ウランを保管する工場で火災が発生した翌日、ロマン・シュル・イゼール(ドローム県)のフラマトーム工場の外で木曜日に行われた新たな測定では、「異常な放射能の痕跡はなかった」と、放射線防護と原子力安全研究所(IRSN)がAFPに語った。

「IRSNは、アヴィニョン近郊の事務所からチームを派遣し、「現場近辺の」環境測定を実施した。

同時に、IRSNはパリ地域の研究所でより精密な測定を行うために、環境中の草、土、スミア(大気中の塵がこすりつけられた面)のサンプルを採取し、その結果は数日中に明らかになる予定です。 また、フラマトーム工場の近くにある大気モニタリングステーションのエアロゾルフィルターの測定も行う予定です。

IRSNは、これらの追加的な管理を「安心対策」と表現した。 フランス原子力安全局(ASN)によると、水曜日にプリンターから発生した火災がウランを含む作業場に影響を与えたが、「放射性物質には影響がなかった」そうである。

この工場では、950人の従業員が原子力発電所と研究所の原子炉燃料を製造しており、事故は約1時間後に消し止められました。

Articles qui pourraient vous intéresser