ドイツの自治体は数十億円を要求

ドイツでは、エネルギー危機で大きな打撃を受けた自治体が数十億ユーロの援助を要求しています。
municipalités allemandes_energynews

地域のエネルギー供給を担うドイツの自治体電力会社は、価格高騰に対処するために「約500億ユーロ」の国家補助が必要だと、業界団体が木曜日に発表した。

自治体企業1,500社を束ねるVUK組織の広報担当者はAFPに、「我々は約500億ユーロという金額について話している」と語った。

同連盟は、家計やエネルギー部門への支援ですでに大きな負担となっているオラフ・ショルツ政権にとって、危機のツケをさらに増やすような公的支援の解除を得るために「協議中」だという。

「VUKは、「自治体のサービスには現金が必要で、自治体は以前の10倍もの値段でガスを買わなければならない。

ドイツでは、地方公営企業とは、市民に電気、水道、ガスなどを供給する自治体に依存した企業である。

ウクライナ戦争前に55%を占めていたロシアのガス供給が停止したことを背景に、エネルギー価格の高騰に見舞われているのだ。

しかし、これらの企業はこのコストを顧客に転嫁することができず、顧客はその差額を「単純に支払うことができない」と、同団体は述べている。 「連邦)国家は行動の必要性を認識しなければならない」と同団体は述べている。

オラフ・ショルツ政権にとって、エネルギー危機は日を追うごとに底なし沼のような出費に見えてくる。

今週初め、国は倒産の危機にある国内最大のガス輸入業者ウニペルを救済・国有化するための300億ユーロの支援策を発表した。

4月上旬、ベルリンはガスプロムの旧ドイツ子会社であるガスプロム・ゲルーマニアを支配下に置き、90億〜100億ユーロの援助を注入して供給を確保せざるを得なくなった。 週刊誌『Der Spiegel』によると、公的受託は9月末までとされているため、国有化が進む可能性が高いという。

最後に、国内第3位のガス輸入業者であるドイツのエネルギー企業VNGも、損失への対処を国に求めたばかりだ。

この巨額の支出は、ベルリンが来年、年間GDPの0.35%以上の債務を負うことを禁じる「債務ブレーキ」ルールに復帰できるかどうかに疑問を投げかけている。

消費者が支払う新しいガス税は、ガス輸入業者が支払う余分なコストを分散するのに役立つはずだが、その実施は、連立政権内でも数週間前から緊張を引き起こしている。

Articles qui pourraient vous intéresser

marges

ディーゼルのマージンが増加

エネルギー危機を背景に、軽油とガソリンの精製業者のマージンの乖離が激しくなっています。 この傾向は、EUがロシア産原油の輸入を禁止する準備を進めている2023年半ばまで続くと予想されます。