ドイツ、Sefeの国有化を計画

ドイツはエネルギー危機で大きな打撃を受けています。 Uniperの国有化に続き、Sefeの国有化も検討されている。
allemagne

ドイツはエネルギー危機で大きな打撃を受けています。 工業生産は減少しており、2023年には景気後退に陥る危険性があります。 ドイツは、ロシアのガス流量が激減することに適応しなければならない。 そのため、エネルギー供給を確保するために、代替手段を模索している。

例えば、ガス輸入会社である旧ガスプロム・ゲルマニアを国有化し、破綻から救う計画だ。 この発表は、ベルリンが同じドイツのガス大手であるウニパーの国有化をすでに決定していることを受けたものだ。

ドイツはセフを国有化する用意があるのか?

Sefeの国有化は、ドイツの調査専門誌「シュピーゲル」が報じた。 しかし、政府はまだ決定を下していない。 経済産業省およびエネルギー規制庁の広報担当者によると、現在協議中とのことです。

セフ社は4月から連邦政府の監視下に置かれています。 したがって、ドイツへのガス供給を確保することが問題なのだ。 同社の活動は、欧州のガス市場だけでなく、ガス供給においても極めて重要です。 ドイツ、英国、スイス、ベルギー、チェコ共和国および欧州以外の国に資産を有しています。

一部の専門家によると、セフセフの国有化はありそうだという。 しかし、そのような作業には数週間を要する。

そのため、ドイツは供給を確保するために国有化に頼っている。 ウニパーの国有化により、ロシア産ガスの主要輸入業者であるウニパー、セフェ、VNGの3社には、すでに少なくとも400億ユーロが注入されている。

Articles qui pourraient vous intéresser