ドイツ、石炭に転換

ドイツでは、ガス料金が高騰し、冬が近づくと、ドイツ人は石炭に殺到します。
ドイツ石炭_エネルギーニュース

「夏にこれほど多くの人が石炭を欲しがるのは初めてです」と、首都ベルリンで希少価値となった黒い石を扱う業者のFrithjof Engelke氏は言う。

ウクライナ戦争の影響でロシア産のガスが不足することが懸念されたため、有害な暖房方法であるにもかかわらず、予想外に需要が急増したのだ。

その結果、100年以上の歴史を持つ家業、ハンス・エンゲルケ・エネルギー社の46歳のオーナーは、「休日は待ってもらうしかない」と言うのです。 注文を受け、10月まで予定されているトラックの配送を手配し、倉庫から直接燃料を買いに来る人たちのために製品を準備しなければならないのだ。

8月の暑い日、粉塵と充填機の騒音の中、バルクの石炭を計量して袋詰めし、パレットに並べてお客さんを待つ。

ベルリンでは、今でも5,000〜6,000世帯が石炭で暖房しており、約190万世帯のうちごくわずかだという。

このような人たちは高齢者が多く、時にはこの燃料に完全に依存し、改築もされていない古い家に住んでいたり、古いストーブの重い熱を愛好していたりするのです。

しかし、今年は新しい顧客が「大量に」やってきたと、Frithjof Engelkeは強調する。彼の小さな会社は、木質ペレットや燃料油にも手を広げている。

「ガスで暖房していても、家にストーブがある人は、みんな石炭を欲しがるようになった」と、ドイツではこの現象が広く見られるという。

「寒いよりマシ

ジャン・ブラムもその一人です。 その日、この55歳の男は、乱れた白髪とひげで、貴重な黒い石を25kgの袋に入れ、トレーラーに積み込む。

「久しぶりに石炭を買っている」とAFPに語った。 自宅にはガスが通っていたので、ストーブに火をつけることもあったが、あくまでも薪であった。

事業者がエネルギー価格の上昇を消費者に転嫁できるようになる10月以降、ガス料金の値上げが深刻化するため、セーフティネットを確保したいとのことだ。

“たとえ健康に悪いとしても、寒いよりはましだ “と。

以前より30%高くなったとはいえ、価格が2倍以上になった薪に比べれば、石炭の方が安いのです。

「プーチンはすでに、ドイツが大きく依存しているガスの供給を部分的に停止しているが、「心配だ。

“ルネッサンス”

国内では黒い燃料がウジャウジャと復活している。 ドイツ政府はすでに、産業界の膨大な電力需要に対応するため、発電所の利用を増やすことを決定しています。

たとえ、2030年までにこの汚染エネルギーを放棄するという目標を捨てず、オラフ・ショルツ首相が最近宣言したように、「化石燃料、特に石炭のルネッサンス」を除外するとしても。

このような新しい民間の顧客が増えたため、生産が追いつかず、首都の小さな石炭商の多くは、売るものがなくなってしまった。

LEAGの広報担当者であるThoralf Schirmer氏はAFPの取材に対し、「夏場は3交代制で週7日フル稼働で生産している」と語った。

東部ルサンチマン炭鉱の流域に位置し、DIYショップや燃料販売店に石炭石を供給しています。

生産量は1月から4割ほど跳ね上がったというが、需要はどこも強く、少なくともこの冬までは逼迫した状況が続くと思われる。

特に、ライン川流域にあるドイツの市場に供給しているもう一つの工場が年末に生産を停止するため、供給量が減少しています。

エンゲルケは「冬が少し心配です」と言う。 今のところ、納品まで最低でも2カ月は待つとわかっても、比較的落ち着いているようです」という。

“外が寒くなり始めたら、状況は激変する”

Articles qui pourraient vous intéresser