トータルエナジーズが木質ペレットサイトを開設

ルーアン郊外に、トタルエナジーズ社が木質ペレットの積み込みと袋詰めを行う施設を開設しました。
TotalEnergies Granulés Bois_energynews

トタルエナジーズは木曜日、ルーアン近郊に木質ペレットの積み込みと袋詰めを行う施設を開設した。エネルギー危機を背景に「圧力を受けている」部門である、とAFP通信員は指摘する。

“この装置では、年間25,000トンの輸入ペレットを処理することができます。ルーアン近郊のグラン・クロンヌにある現場を取材したトタルエナジーズ・マーケティング・フランスの営業部長フランソワ・ブサゴルは、「約150万ユーロを投資した」と説明する。

TotalEnergies社は、フランスで「約20万トン」のペレットを販売しており、「約10%のペレット、つまりこの燃料で動くボイラー用の木質ペレット」の市場シェアを持っているとBoussagol氏は述べた。

この新装置は、「需要の緊張が続くこの時期に、必要不可欠な追加的な柔軟性」であるという。

8月末、フランス燃料暖房用燃料連盟(FF3C)は、冬を見越したペレット需要が「異常に高く」、「5〜15%の供給不足」になる可能性があると警鐘を鳴らしている。

「ブサゴル氏は、この現象は「エネルギーに対する熱狂」と、ベラルーシ、ウクライナ、ロシアという「通常の生産者を不安定にするウクライナ危機」によるものであると続けた。

TotalEnergies社によると、ペレットの価格は2021年から2022年にかけてほぼ倍増し、約600ユーロ/tとなるため、同グループは「2030年までに」売上を「3倍」にしたいと考えている。

グラン・クロンヌでは、ルーアンから半径200km圏内の個人顧客や自治体にこれらの燃料を届けています。 北欧で生産されたペレットは、「持続可能な方法で管理された森林からの輸入品です」とトータルエナジー社は保証しています。

同団体によると、「ペレットは国産燃料に比べてCO2排出量が15倍少ない」そうだ。製材所の廃材を利用することができる」。

気候変動を抑制する手段として提唱されている薪ストーブですが、微粒子汚染の原因であることに変わりはありません。 しかし、Ademe(フランス環境エネルギー管理局)によると、最新のログストーブやペレットストーブは、直火よりもはるかに排出量が少ないそうです。

エストニアでは、急成長しているウッドペレット産業について、伐採量の増加による影響を危惧する環境保護主義者の間で議論が交わされています。

Articles qui pourraient vous intéresser