チュニジア:1.7GWの再生可能エネルギーに関する入札を募集中

チュニジアで170万kWの再生可能エネルギーの入札を募集。 1.1GWの太陽光発電と600MWの風力発電がグリッドに追加される予定です。
Sans titre(41)

チュニジア政府は、2025年までにチュニジアで1,700MWの再生可能エネルギーの入札を3件実施する予定です。 この提案には、HechaとKhobnaの太陽光発電所と、それぞれ100MWの太陽光発電プロジェクト8件が含まれています。 さらに、最大75MW×8カ所の風力発電設備も対象としています。 産業・鉱山・エネルギー大臣のNaila Nouiraによると、この構想は50億ディナール(16億米ドル)の投資によって支援される予定です。

1,100MWの太陽光発電の入札を募集中

再生可能エネルギー開発プログラムの一環として、産業・鉱山・エネルギー省は、関心のある開発者を対象に提案書の提出を呼びかけています。 入札公募(No 03-2022)の第一弾は、コンセッション型の太陽光発電プロジェクト2件に関するものです。 太陽光発電所は、ガベス県のヘチャ(300ヘクタール)とシディ・ブジッド県のコブナ(270ヘクタール)に設置される予定です。

第2部では、それぞれ最大10万kW、合計80万kWの太陽光発電プロジェクトが8件紹介されています。 これらのチュニジアにおける再生可能エネルギープロジェクトの審議は、以下の提出期限に従って、1フェーズ2プロジェクトずつ、4フェーズに分けて行われています。

  • 第一弾:2023年6月15日(木)12:00(チュニス時間
  • 第2期 2024年3月
  • 第3期:2024年11月
  • 第4期:2025年9月

政府が事業者を公募し、100MWのコンセッション型プロジェクトに入札。 場所の選定は発起人の責任で行ってください。

600MWの再生可能な風力発電

入札募集の第3部(No.02-2022)は、コンセッション中の風力発電所と開発者用地を対象としています。 このため、国家開発計画では、8つの風力発電プロジェクトが追加される予定です。 2022年から2025年にかけて、個々のプロジェクトの最大許容容量は75MWとされています。 入札は、以下の提出期限に従って、1フェーズ2プロジェクトずつ、4フェーズで実施されます。

  • 第一期:2023年9月14日(木)12時
  • 第2期:2024年5月
  • 第3期:2025年2月
  • 第4期(最終):2025年11月

同省は、開発者は75MWの風力発電プロジェクトの入札をコンセッションの下で行う必要があるとしている。 プロモーターは、自分たちの責任で自由に会場を選ぶことができます。

チュニジア政府は、110万kWの太陽光発電容量を追加したいが、60万kWの風力発電所も開発したいとしている。 この追加は、チュニジアの再生可能エネルギー部門に金融機会を提供しながら、同国のエネルギー転換を強化する同省のコミットメントを示すものです。 また、リン酸塩の増産も計画しています。 Naila Nouira大臣によると、2022年の370万トンに対し、2025年には1200万トンが目標だそうです。

 

Dans cet article :

Articles qui pourraient vous intéresser

すでにアカウントをお持ちの方 ここからログインしてください。

続きを読む

無制限アクセス

1ユーロ/週(コミットメントなし
1ヶ月あたりの課金額
  • この分野の最新の専門的なニュースを無制限に閲覧できます。 オンラインでいつでもキャンセルできます。

月ごとの限定記事

無料
  • 当社の記事の一部にアクセスし、お客様の興味に応じてニュースレターをカスタマイズすることができます。

約束は必要なく、いつでも解約できます。
お支払い方法は、4週間ごとに自動前払い引き落としになります。 定期購読はすべて自動更新です。 いつでも解約できます。 その他の制限や税金が適用される場合があります。 キャンペーンや価格は予告なく変更されることがあります。