ソーラーで「土地の解放」を

再生可能エネルギー加速法案には、太陽光発電を開発するための「土地解放」の要素が盛り込まれる予定です。
libération foncier solaire_energynews

フランス大統領が木曜日に発表したところによると、フランスが増大する電力需要を満たすために、道路脇、鉄道、大規模駐車場、一部の農地に太陽光発電プロジェクトを設置することが可能になるとのことです。

9月26日に閣僚会議に提出される再生可能エネルギー加速化法案には、「土地の解放」に関する項目が含まれると、エマニュエル・マクロンは木曜日、サンナゼール沖にあるフランス初の洋上風力発電所の落成式で述べた。

「今後数カ月、数年のうちに、街中や道路脇など、ソーラーパネルを設置できる場所をすべて特定し、さらに多くのソーラーパネルを設置する」と社長は述べ、パネルを設置することで「副収入が得られる」「大きな駐車場」についても言及した。

高速道路の脱炭素化」に言及し、「高速道路の縁石」や「鉄道の縁石」もソーラーパネルに利用できると述べた。 “再生可能エネルギーを開発しながら、美しい景観を守ることができる”。

さらに、農地にソーラーパネルを設置する「アグリボルタイクス」についても前進させたい。これは、農家にとって「非常に大きな副収入の可能性」を意味する、と彼は続けた。

しかし、大統領は、電力生産が畑や牧草地や牧畜地、すなわち食糧生産に取って代わることがないよう、「セーフガード」の必要性を主張した。

“実現可能であることは分かっているのだから、もっと早く行動しなければならない “と。

そのためには、フランス農業評議会や若手農家との最近の「協議」の結論を導き出すために、政府は「上院に提出する前に修正案を提示しなければならない」と大統領は述べた。

エマニュエル・マクロンは9月9日、青年農業者会議(JA)”les Terres de Jim “の年次総会のため、ロワール地方のOutarvilleを訪れました。

ヨーロッパでは、「私たちの隣人は、特に北と南とバルト海に沿ってすべての非常に強力な戦略今日と再生可能エネルギーの面ではるかに速く行っている」、彼はフランスでは、これらのエネルギーの加速を正当化するために指摘した、またオフショアと陸上風力に焦点を当てる必要があります。

AFPが参照した最近の回覧によると、フランスの環境エネルギー管理局(Ademe)は、太陽光発電設備に利用可能な産業および都市の廃棄物を合計843箇所特定しているそうです。

これは、この冬にガスや電力が不足した場合に備えて負荷分散を組織し、再生可能エネルギープロジェクトの開発を加速するために、政府から都道府県に送られたものです。

Articles qui pourraient vous intéresser