スペインがヴェスタス社に104MWを発注

スペインでは、ヴェスタス社がカスティヨンとレオン地方に23基の風力発電機を設置することで、風力発電の能力を拡大しています。
Vestas

スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州の風力発電所向けにヴェスタス社から104MWを受注。

ヴェスタスは、再生可能エネルギーの世界的なサプライヤーです。 88カ国で事業を展開し、約157GWのエネルギー容量を有しています。 ヴェスタスは、陸上および洋上の風力発電を専門としています。 同社は、エネルギー転換における欧州のリーダー的存在です。

ヴェスタス、スペインでのプレゼンスを加速

今回の受注は、Vapatグループ傘下のスペインのプロデューサーEstudios y Proyectos Pradamapの協力で実現したものです。 スペインでは、650MWの風力発電資産が稼動しており、強い存在感を示しています。 同グループは、国内で1GWの再生可能エネルギーの開発を目指しています。 ヴェスタスのスペイン担当ゼネラルマネージャーであるAgustìn Sànchez-Temblequeは、新しい契約への参加に感謝の意を表しました。

スペインでのプロジェクトは、同国のエネルギー転換を支援するものです。 1基あたり4.5MWの風力発電機23基を設置する予定です。

ヴェスタス社は、風力タービンの製造に必要な原材料の高騰により、苦境に立たされています。 売上高は6%減少し、33億ユーロとなりました。 ウクライナ戦争の影響は、再生可能エネルギー分野にも及んでいると、CEOのHenrik Andersenは説明する。 しかし、同社は世界への投資を止めたわけではありません。

例えば、ニュージーランドでは40MW強の風力発電資産を取得し、ネットワークを拡大しました。 そしてついに、世界最強の風力発電機となりうる15MWの新型風力発電機のプロトタイプを発表したのです。

スペインでは、ヴェスタスは風力発電機のネットワークを他の生産に展開しています。 例えば、今年初めには5GWの風力発電を再生可能水素の製造に利用できるようにしました。

スペインの風力発電の総容量は28,000MW以上。 2021年までに、さらに843MWを導入している。 しかし、スペインは2030年までに目標を達成するために、年間220万kWの増設を計画していた。 スペインは、ヨーロッパで最大の設備容量を誇るドイツに次いで、現在でも世界第5位の風力発電国です。

カスティーリャ・イ・レオン州は、再生可能エネルギーの導入量では国内トップである。 これには22GW以上の風力・水力発電資産が含まれます。 また、この地域は太陽光発電の生産にも特化している。 スペインの変遷の原動力となっています。

Articles qui pourraient vous intéresser