あずま光風」営業運転開始

カナディアン・ソーラーの日本における代表的なメガソーラープロジェクトである「吾妻小富士」が商業運転を開始しました。
centrale solaire

カナディアン・ソーラーの日本における代表的なメガソーラープロジェクトである「吾妻小富士」が商業運転を開始しました。

現地での成果

吾妻小富士は、福島県でこれまでに稼働した最大の太陽光発電プロジェクトです。 このサイトには、カナディアン・ソーラー社の高効率なHiKuモジュールが使用されています。 このように、東北電力は発電した電力を1kWhあたり0.26ドルで買い取っている。

エネルギーの購入は、日本の固定価格買取制度に基づき、18年以上にわたって行われます。 吾妻小富士は、約106,800MWhのクリーンで信頼性の高いエネルギーを生み出すと期待されています。 その結果、31,000戸の住宅を供給することができ、年間50,000トンの二酸化炭素の排出を回避することができます。

460エーカーの土地に建設されたこのプロジェクトは、カナディアン・ソーラーによる長期的なメンテナンスの恩恵を受けることになります。 また、「あずま光風」の売電収入の一部を福島市に寄付します。 したがって、この資金は地域の農業セクターの活動を促進するために使われることになります。

多くのプロジェクト

吾妻小富士は、野村キャピタル・インベストメントが約175百万ドルの建設資金を融資した。 さらに、このプロジェクトは、グリーン・クライメート・ボンドの認証プロセスにも参加することが予定されています。 カナディアン・ソーラーの社長兼CEOであるショーン・ク博士は、次のように述べています。

“福島県の活性化に貢献できることを嬉しく思います。建設開始前の「吾妻小富士」プロジェクトの敷地は、耕作放棄地や非生産的な農地でした。私たちのチームは、土地の変換プロセスにおいて、地元コミュニティや政府と密接に協力し、福島県が管理する環境影響評価を無事通過することができました。2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた地域で、地域社会と経済の活性化に貢献できることを誇りに思います。私たちは、地域社会がクリーンで再生可能なエネルギーの長期的な受益者となることを確実にしたいと考えており、日本の2050年のカーボンニュートラルという目標を支援しながら、福島の都市の経済とエネルギーの回復力を再構築する一端を担えることを誇りに思っています。さらに、経済と市場の大きな不安の中で、我々のチームがこの貴重なプロジェクトを実現するために忍耐強く努力したことを誇りに思います” と述べています。

カナディアン・ソーラーは、日本のエネルギー転換に貢献できるよう、今後も開発を続けていくことを目指しています。 実際、同社は470MWpを超える産業規模のプロジェクトを稼働中または建設中である。 さらに、カナディアン・ソーラー・インフラストラクチャー・ファンドとジャパン・グリーン・インフラストラクチャー・ファンドとの2つのパートナーシップ・プラットフォームを持っています。

カナディアン・ソーラーは、過去21年間にわたり、約76GWの太陽光発電モジュールの納入に成功しています。 世界20カ国以上で680万kWp以上の開発・建設・接続を行っています。 また、約311MWpの太陽光発電プロジェクトが稼働中で、5.3GWpのプロジェクトが建設中である。

 

Dans cet article :

Articles qui pourraient vous intéresser

すでにアカウントをお持ちの方 ここからログインしてください。

続きを読む

無制限アクセス

1ユーロ/週(コミットメントなし
1ヶ月あたりの課金額
  • この分野の最新の専門的なニュースを無制限に閲覧できます。 オンラインでいつでもキャンセルできます。

月ごとの限定記事

無料
  • 当社の記事の一部にアクセスし、お客様の興味に応じてニュースレターをカスタマイズすることができます。

約束は必要なく、いつでも解約できます。
お支払い方法は、4週間ごとに自動前払い引き落としになります。 定期購読はすべて自動更新です。 いつでも解約できます。 その他の制限や税金が適用される場合があります。 キャンペーンや価格は予告なく変更されることがあります。